Code Log

プログラミングの勉強メモを残していきます。

jQueryをとりあえず始めてみる


<スポンサーリンク>

jQueryはCDN(Content Delevery Network)というコードリポジトリから読み込むことができます。

<script src="http://code.jquery.com/jquery-latest.min.js"></script>

で、最も最新のjQueryを取り込むことができます。
上はjQueryのサイトから落としてきていますが、一般的にはGoogleのCDNが利用されることが多いようです。
さすがGoogle

ここで、超基礎的なjQueryのサンプルを作ってみます。
環境はWindowsでXAMPPです。

<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
<head>
<meta charset="utf-8">
<title>jQueryを使ってみる</title>
<style>
  .myclass {
  	background-color: black;
  	color: white;
  }
</style>

<script src="js/jquery-1.11.1.js"></script>
<script>
$(document).ready(function() {
	$('p').css('font-weight', 'bold');
	$('.myclass').html('別のHTML<em>を挿入する</em>');

	$('#myid').click(function() {
		alert("Hello jQuery!");
	});
});

</script>

</head>
<body>
<h1>jQuery入門</h1>
<p class="myclass">プレースホルダ</p>

<p id="myid">ここはクリックできます</p>

</body>

jQueryのコードの「$(document)」というのは、ページのレンダリングが終わってからコードが展開されることを保証するものです。

css()という関数は、CSSのプロパティを変更します。
.html()という関数は、HTMLを変更することを意味します。

これをブラウザで表示すると、以下のような画面が見えます。
f:id:sho322:20140504133102j:plain