Code Log

プログラミングの勉強メモを残していきます。

jQueryを使って、メモリにデータを保存したり、削除したりする


スポンサーリンク

HTMLのある要素の文字列を取得して、それをメモリ上に保存したいときは、jQueryのdata()関数を使います。
取得したデータをdata()を使って保存したり、removeData()関数を使って破棄したりすることができます。

http://semooh.jp/jquery/api/internals/jQuery.data/elem,+name/

サンプルを見てみましょう。

<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
<head>
<meta charset="utf-8">
<title>jQueryでデータをremoveする</title>

<script src="js/jquery-1.11.1.js"></script>
<script>
$(document).ready(function() {

	$('#store-data').click(function() {
		var targetData = $('#target-data').text();
		alert(targetData);
		$('#store-data').data('mydata',{target: 'パラグラフのデータ', string: targetData});
	});

	$('#show-data').click(function() {
		alert('保存したデータは→' + JSON.stringify($('#store-data').data()));
	});

	$('#remove-data').click(function() {
		$('#store-data').removeData();
	});

});

</script>

</head>
<body>

<button id="store-data">データを保存する</button><br>

<button id="show-data">データを見せる</button><br>

<button id="remove-data">データを削除する</button>


<p id="target-data">これは保存したいデータ(文字列の)です。</p>

</body>
</html>

これを表示すると以下のようになります。

f:id:sho322:20140505143915j:plain