Code Log

プログラミングの勉強メモを残していきます。

HTTPメソッドとHTTPステータスコードの意味まとめ


スポンサーリンク

HTTPメソッドとHTTPステータスコードの意味についてまとめました。


HTTPメソッド

HTTPメソッドとは、なんらかのコンテンツに対する操作コマンドのこと。

メソッド 意味
GET リソースを取得する
POST リソースにデータを送信したり、子リソースを作成したりする
HEAD リソースのヘッダー情報だけを得る。この場合はボディ部が送信されてこない。
PUT リソースを更新したり、作成したりする。
DELETE リソースを削除する。
OPTIONS サポートしているメソッドを取得する。
TRACE 自分宛てにリクエスト・メッセージを返してループバックテストする。
CONNECT プロキシ動作のトンネル接続を変更する。


HTTPステータスコード

HTTPステータスコードは結果の成否を示す値のこと。

コード 意味 説明
1xx 処理中 何かの処理中のことを伝えるときに用いる。
2xx 成功 成功したことを示す。「200 OK」がよく使われる。
3xx リダイレクト 別のURLにリダイレクトする。「301 Moved Permanently(永続的な移動)」「302 Found(一時的な移動)」「303 See Other(他を参照せよ)」「304 Not Modified(コンテンツはif-Modified-Sinceヘッダーで指定された日時から更新されていない)」
4xx クライアントエラー クライアント側のリクエストにエラーがある。「401 Unauthorized(認証が必要)」「403 Forbidden(アクセス禁止)」「404 Not Found(指定されたリソースが見つからない)」」
5xx サーバーエラー サーバ側のエラー。「500Internal Server Error(内部的なエラー)」「503 Service Unavailable(一時的に接続できないとか、受け入れ可能な接続数を超えた)