読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Code Log

プログラミングの勉強メモを残していきます。

Swift Optional Value

Swift

<スポンサーリンク>

Swiftでは、変数にnil(空のデータ)を入れるようなプログラムを書くと、その場でエラーが表示されるようになった。
しかし、わざとnilを入れたい場合もあるわけで、そういうときにXcodeがいちいちエラーを表示してたら先のプログラムが書けません。

そういうときに、変数をOptional Valueに指定します。

Opitional Value「?」をつくるときは、変数の型の後に「?」をつけて変数を作る。
?は、データによってはnilが入る可能性もあるということを、明示的に示す方法。
これを使えば、Xcodeはエラーを出さなくなる。

var str1:String = nil //エラー

var str2:String? = nil //エラーは出ない

Optional Value「!」は「この変数にはnilが入っていないことをXcodeではなくプログラマが保証する場合」に使う。

var opStr:String! = "ABC"
opStr = nil //エラーにはならない

var opStr2:String = "ABC"
opStr2 = nil //エラーになる