読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Code Log

プログラミングの勉強メモを残していきます。

TypeScriptの関数の使い方


<スポンサーリンク>

TypeScriptのインストール方法

TypeScriptをインストールするには以下のコマンドを実行します。

npm install -g typescript

-gオプションは、TypeScriptコンパイラをグローバルにインストールするということです。

TypeScriptコンパイラのバージョンを確認するには以下のコマンドを実行します。

$ tsc --version
Version 2.2.1

TypeScriptで書かれたコードをJavaScriptに変換するには、以下のコマンドを実行します。

tsc main.ts

生成されたJavaScriptとTypeScriptをマッピングするには、以下のコマンドを実行します。

tsc --sourcemap main.ts

TypeScriptコンパイラに-wオプションを渡せば、ソースコードが変更されるたびに自動的にJavaScriptファイルに変換します。

tsc -w *.ts

関数の書き方

TypeScriptでは関数に型を指定することができます。

function calcTax(state: string, income: number, dependents: number): number {
    if (state == 'NY') {
        return income * 0.06 - dependents * 500;
    } else if (state == 'NJ') {
        return income * 0.05 - dependents * 300;
    }   
}

var tax: number = calcTax('NJ', 50000, 2);
console.log(tax);

無名関数の使い方

無名関数を使うときはfunctionキーワードは必要ありません。

function StockQuoteGeneratorArrow(symbol: string) {
    this.symbol = symbol;
    setInterval(() => {
        console.log("StockQuoteGeneratorArrow the price quote for is " + Math.random());
    }, 1000);
}

var stockQuoteGeneratorArrow = new StockQuoteGeneratorArrow("IBM");