Code Log

プログラミングの勉強メモを残していきます。

NW.jsでhello worldアプリを作ってみる


スポンサーリンク


NW.jsはHTML、CSS、JavaScriptでデスクトップアプリケーションを作るためのフレームワークです。
2011年にRoger Wangによって作られました。

RogerはNode.jsとChromiumを融合させる試みの中で、単にHTMLやJavaScriptを読み込むだけではなく、JavaScript APIを使ってOSのリソースにアクセスする方法を考えました。

これは従来のウェブアプリケーションではできなかったことです。

それでは、NW.jsのサンプルを作ってみましょう。

まずはNW.jsをインストールします。

npm install -g nw

次に作業ディレクトリを作り、package.jsonを置きます。


package.jsonはこんな感じ。

{
	"name": "hello-world-nwjs",
	"main": "index.html",
	"version": "1.0,0"
}

package.jsonと同じディレクトリでindex.htmlを作りましょう。

<html>
  <head>
  	<title>hello world</title>
  	<style>
	  	body {
	  		background-image: linear-gradient(45deg, #EAD790 0%, #EF8C53 100%);
	  		text-align: center;
	  	}

	  	button {
	  		background: rgba(0,0,0,0.40);
	  		box-shadow: 0px 0px 4px 0px rgba(0,0,0,0.50);
	  		border-radius: 8px;
	  		color: white;
	  		padding: 1em 2em;
	  		border: none;
	  		font-family: 'Roboto', sans-serif;
	  		font-weight: 100;
	  		font-size: 14pt;
	  		position: relative;
	  		top: 40%;
	  		cursor: pointer;
	  		outline:none;
	  	}

	  	button:hover {
	  		background: rgba(0,0,0,0.30);
	  	}

  	</style>
  	<link href='https://fonts.googleapis.com/css?family=Roboto' rel='stylesheet' type='text/css'>
  	<script>
  		function sayHello() {
  			alert('Hello world');
  		} 
  	</script>
  </head>
  <body>
  	<button onclick="sayHello()">Say Hello</button>
  </body>
</html>


で、同じディレクトリで

nw

というコマンドを実行すれば、以下のような画面が表示されます。

f:id:sho322:20170702094716j:plain