Code Log

プログラミングの勉強メモを残していきます。

Objective-Cで例外処理を行う


スポンサーリンク

例外とは、コードが予期しない事態が起きた時に、処理を止めずに進めるための仕組みです。

予想外の入力を受け取った時なども、例外をキャッチすることで、後続の処理へと進めることができます。


たとえば・・・

NSMutableArray *array = [[NSMutableArray alloc] init];
[array insertObject:[[NSNumber alloc] initWithInt:100] atIndex:0];
[array insertObject:[[NSNumber alloc] initWithInt:200] atIndex:1];
[array insertObject:[[NSNumber alloc] initWithInt:300] atIndex:2];


NSLog(@"%d¥n",[[array objectAtIndex:3] intValue]); //例外発生!
                         

NSLog(@"例外の後の処理");

3つの要素を持つ配列を用意しました。0〜2までの数値で要素にアクセスすます。
それで、[array objectIndex:3]とやって、(0,1,2)と数えて3番目にアクセスしようとすると・・・

2014-10-07 06:07:03.594 example[964:303] *** Terminating app due to uncaught exception 'NSRangeException', reason: '*** -[__NSArrayM objectAtIndex:]: index 3 beyond bounds [0 .. 2]'
*** First throw call stack:

というNSRangeExceptionという例外が発生しています。
この例外はキャッチされておらず、そのため、例外以後の処理が実行されていません。

以下のような構文で例外をキャッチすることができます。

@try {
	//例外が発生するところ
} @catch (NSException *e) {
	//例外が発生した時の処理
}

実際にサンプルをみてみます。

NSMutableArray *array = [[NSMutableArray alloc] init];
[array insertObject:[[NSNumber alloc] initWithInt:100] atIndex:0];
[array insertObject:[[NSNumber alloc] initWithInt:200] atIndex:1];
[array insertObject:[[NSNumber alloc] initWithInt:300] atIndex:2];

@try {
    NSLog(@"%d¥n",[[array objectAtIndex:3] intValue]); //例外発生!
} @catch (NSException *e) {
    NSLog(@"例外が発生しました:%@",e.name);
    NSLog(@"理由です:%@",e.reason);
}

NSLog(@"例外の後の処理");

これを実行すると、例外の理由や、例外の名前が@catch以後の処理でちゃんと表示されており、

例外発生後の処理も実行できていることがわかります。

2014-10-07 08:43:24.869 example[1080:303] 例外が発生しました:NSRangeException
2014-10-07 08:43:24.872 example[1080:303] 理由です:*** -[__NSArrayM objectAtIndex:]: index 3 beyond bounds [0 .. 2]
2014-10-07 08:43:24.873 example[1080:303] 例外の後の処理