読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Code Log

プログラミングの勉強メモを残していきます。

verbatim文字列リテラルは@から始まる。読み方は「バーベイタム」

C#

<スポンサーリンク>

C#のすべての方は、値型、参照型、ポインタ型の3つのうち、どれかに分類される。

値型は、基本的な型を示す。

参照型は、一般に機能がより豊富な複雑型を示す。
クラス、配列、デリゲート、インターフェース型など。

ポインタ型は一般的なC#のコードでは使用しない。
unsageブロックで明示的にメモリを操作したい場合だけに使う。


bool型
bool型は論理値で、リテラルのtrueマタハfalseヲカクノウデキル。

object型
object型は、値型と参照型の両方の基礎となる基本型である。

string型
C#の文字列は普遍のUnicode文字シーケンスで、System.Stringクラスの別名を表している。

verbatim文字列リテラルは@で始まる。
複数行にわたっている場合や、\などのエスケープ文字を含む場合でも、文字列はverbatimとして扱われる。

using System;
using System.Collections.Generic;
using System.Linq;
using System.Text;
using System.Threading.Tasks;

namespace ConsoleApplication2
{
    class Program
    {
        static void Main(string[] args)
        {
            string str1 = "C:\\xampp\\htdocs\\sample";
            string str2 = @"C:\xampp\htdocs\sample";

            Console.WriteLine(str1 == str2); //True

            string str3 = "1Line\r\n2Line";
            string str4 = @"1Line
2Line";       //True

            Console.WriteLine(str3 == str4);

        }
    }
}