Code Log

プログラミングの勉強メモを残していきます。

C# varを使って暗黙的に型を指定したローカル変数を宣言する


<スポンサーリンク>


.NET Frameworkとは、クラスライブラリの集合体であり、プログラムの実行環境であるということもできる。
.NETで開発したプログラムは.NETコードに変換され、そのコードを.NETライブラリが実行する。

つまり、クラスライブラリの集合体 + 実行環境を.NETと呼ぶ。

値側とは、変数の宣言を行った時点で、そのデータ型の領域自体が確保されるデータ型を指す。

参照型は値型と違い、変数の宣言部分で、そのデータ型の領域が確保されるわけではない。
C#で予約されている参照型のデータ型は、string型とobject型の2つのみ。

var型というのは、そのスコープ内にvarという型がない場合、暗黙的に型宣言された変数のことを指す。

class Program
{
    static void Main(string[] args)
    {
        var iData = 10;
        var str = "string";
        var dbl = 2.5;

        Console.WriteLine("iData = " + iData.ToString());
        Console.WriteLine("str   = " + str.ToString());
        Console.WriteLine("dbl   = " + dbl.ToString());
    }
}

実行結果は以下のようになり、代入した値で変数の値が決定されている。

iData = 10
str   = string
dbl   = 2.5

暗黙的な型宣言の制限は以下のとおり。

・初期化子は式でなければいけない。
・初期化式にnullは指定できない。
・宣言子に初期化子が含まれていないといけない
・ローカル変数宣言に複数の宣言子を含めることはできない
・宣言した変数自体を初期化子で参照することはできない。